【1//4(水):追記修正】
 選択肢と説明文の間違いを修正しました。
(修正前) ①東福岡(東福岡)
(修正後) ①東福岡(福岡)


 さあ、楽しい予知の時間です。

「春高バレー」の愛称で浸透している全国大会。

 さて今日は、1/8(日)に決勝が行われる春の高校バレー2017男子の優勝校について、皆さんで予知しましょう。

 最近の優勝校はこちらになります。

2012年 優勝 大村工(長崎)/準優勝 ⑥創造学園(長野)/ベスト4 ④東亜学園(東京第2)、鹿児島商(鹿児島)
2013年 優勝 ⑤星城(愛知)/準優勝 大塚(大阪第1)/ベスト4 大村工(長崎)、鹿児島商(鹿児島)
2014年 優勝 ⑤星城(愛知)/準優勝 鹿児島商(鹿児島)/ベスト4 ①東福岡(福岡)、雄物川(秋田)
2015年 優勝 ①東福岡(福岡)/準優勝 大村工(長崎)/ベスト4 大塚(大阪第1)、愛工大名電(愛知)
2016年 優勝 ①東福岡(福岡)/準優勝 ②鎮西(熊本)/ベスト4 ③駿台学園(東京第2)、⑥創造学園(長野)

①東福岡(福岡)
 春高3連覇を狙う王者。
 夏のインターハイで初戦敗退した汚名を返上したいところです。

②鎮西(熊本)
 前大会で準優勝、1997年以来20年ぶりとなる優勝はかなうでしょうか。

③駿台学園(東京)
 中学時代に全国制覇を経験しているメンバーがそろっています。
 夏のインターハイで全国制覇しています。

④東亜学園(東京)
 東京予選で駿台学園に敗れたものの、セットカウント1-2の大接戦を演じました。

⑤星城(愛知)
 2013、2014年で連覇を果たし、3年ぶりの日本一奪回に燃えています。

⑥創造学園(長野)
「いわて国体2016」で3位になった実力校です。
 校長でもあり、監督も務める壬生義文さんは、かつて岡谷工業高校を春高バレー3連覇に導いた実績を持ちます。

⑦清風(大阪)
 これまで6度の全国大会3位を経て、夏のインターハイでは準優勝を果たしました。
 はたして、悲願の全国優勝は成るでしょうか。

 さて、私から伝えられる情報は以上です。
 君の瞳には、いったいどんな未来が見えていますか?