さあ、楽しい予知の時間です。

 東京ドームで開催される「ふるさと祭り東京」。
 全国のお祭りや地域の味が一同に会するイベントです。



 さて今日は、1/7(土)~1/15(日)まで東京ドームで開催の「ふるさと祭り東京」“第8回全国ご当地どんぶり選手権”でNo.1ご当地どんぶりに輝く商品について、皆さんで予知しましょう。

 本戦に進出したのは、選択肢の15種類のどんぶりです。
 この予言テストの選択肢は適宜省略していますので、以下に正式な料理名と簡単な説明を加えます。

①の八戸銀サバトロづけ丼は、昨年大会の優勝どんぶりです(青森県)。


①のだいせん☆てんこ盛りA5すき焼き丼(鳥取県)。


②の志布志発 かごしま黒豚三昧(鹿児島県)。


②の寒ブリ漬け丼(熱めし丼)は、もとは漁師料理でした(大分県)。


③の十勝牛とろ丼(北海道)。


③の三河一色産鰻まぶし丼は、地元の食材にこだわっています(愛知県)。


④の函館朝市漁り火がごめ丼(北海道)。


④の名古屋コーチン親子丼は、全国的に有名なブランド鶏のどんぶり(愛知県)。


⑤の越前! 蟹丼ぶりには、ベニズワイガニがぜいたくに使われています(福井県)。


⑤の越前漁火 かに海鮮丼も、同県からの参戦です(福井県)。


⑥の秩父わらじ豚味噌丼(埼玉県)。


⑥の中津からあげ丼は、鶏づくしのどんぶりです(大分県)。


⑦のとろサーモンといくらの親子丼(北海道)。


⑦の阿蘇炙り赤牛丼は、料理で震災からの復興を目指します(熊本県)。


⑧の小田原 黒天丼は、ごま風味が香ばしいどんぶりです(神奈川県)。


 さて、私から伝えられる情報は以上です。
 君の瞳には、いったいどんな未来が見えていますか?