さあ、楽しい予知の時間です。

 “野球殿堂”は、日本の野球の発展に大きく貢献した人物の功績を讃える目的で、1939年に創設されました。
 これまでに延べ約200人が殿堂入りを果たしています。

 さて今日は、1/16(月)に発表が予定されている平成29年野球殿堂入りの競技者表彰のうち「プレーヤー表彰」で殿堂入りする人物について、皆さんで予知しましょう。

 プロ野球経験者から選ばれる“競技者表彰”は現在、「プレーヤー表彰」「エキスパート表彰」に分かれています。
 このうち「プレーヤー表彰」は、現役を引退して5~20年が経過した人が対象です。

 最近「プレーヤー表彰」で殿堂入りした選手はこちらです。

2014年 野茂英雄、秋山幸二、佐々木主浩
2015年 古田敦也
2016年 斎藤雅樹、工藤公康

 そして、今年可能性がある候補は、以下の16名です。
 野球報道15年以上の経験を持つ委員、約300人の投票で、有効投票数の75%以上を得票すれば殿堂入りとなります。

・前年までの候補者(12名)
①伊東勤(平成28年投票172票、以下同)
②立浪和義(171票)
③佐藤義則(103票)
④高津臣吾(99票)
⑤タフィ・ローズ(96票)
⑦川相昌弘(76票)
⑦桑田真澄(74票)
⑦野村謙二郎(65票)
⑦松永浩美(30票)
⑦佐々岡真司(26票)
⑦斉藤和巳(17票)
⑦赤星憲広(15票)

・新候補者(4名)
⑥田口壮
 日本ではオリックス、米国ではカージナルスなど3球団で通算20年活躍した外野手。
 現在はオリックスの2軍監督を務めます。

⑦佐伯貴弘
 現役時代は、横浜と中日に所属した外野手・一塁手。
 1998年に、約40年ぶりとなる横浜の日本一に貢献しました。

⑦小林雅英
 日米4球団で、通算234セーブを記録した名クローザー。
 ロッテ時代は、数々のピンチを抑えて“幕張の防波堤”と呼ばれていました。

⑦豊田清
 西武、巨人、広島の3球団で通算157セーブ。
 西武時代の2002年と2003年に、連続で最優秀救援投手になっています。

 さて、私から伝えられる情報は以上です。
 君の瞳には、いったいどんな未来が見えていますか?