さあ、楽しい予知の時間です。

 ロンドン五輪に続き、リオデジャネイロ五輪でも団体でメダルを獲得した日本女子卓球。
 次代を担う有望な若手選手も芽吹き始めています。

 さて今日は、1/16(月)に東京体育館で開幕する「天皇杯・皇后杯 平成28年度全日本卓球選手権大会」の女子シングルスで優勝する選手について、皆さんで予知しましょう。

 大会日程は1/16(月)~22(日)ですが、女子シングルスは1/18(水)からスタートします。
 出場予定の有力選手はこちら。
 世界ランキングは、ITTF(国際卓球連盟)が発表した2016年12月時点のものです。

①石川佳純(世界ランキング5位|23歳)
 全日本卓球選手権3連覇中の絶対的エースで、実力、知名度ともに抜群。
 リオ五輪の団体戦では、シングルスで全勝して日本の銅メダル獲得に貢献しました。

②伊藤美誠(世界ランキング9位|16歳)
 リオ五輪の団体戦では、超攻撃型なプレイで、年上の福原愛選手や①石川選手に劣らぬ活躍ぶり。
 15歳300日での五輪メダル獲得は、卓球競技において史上最年少記録となりました。

③平野美宇(世界ランキング11位|16歳)
 ②伊藤選手とは幼少期からのライバルで、東京五輪のヒロイン候補として注目を集めています。
 前回大会で準優勝し、2016年10月に行われた女子ワールドカップで最年少優勝を果たしました。

④浜本由惟(世界ランキング23位|18歳)
 170cmを超える長身でモデル経験があり、ルックスも注目の的。
 2016年、⑤早田ひな選手とのコンビで、ワールドツアーの上位選手で争われるグランドファイナルのダブルスに挑み、見事に優勝しました。

⑤早田ひな(世界ランキング24位|16歳)
 ②伊藤選手、③平野選手とともに、日本卓球界が世界に誇る“16歳トリオ”。
 2016年のグランドファイナルで、シングルスとダブルスの2冠を達成しました。

⑥佐藤瞳(世界ランキング25位|19歳)
 日本女子界では数少ないカットマン。
 2016年5月に行われた卓球のワールドツアー、クロアチア・オープンで②伊藤選手③平野選手を次々と破って優勝しています。

⑦森薗美咲(世界ランキング35位|24歳)
 149cmと小柄ですが、強気な攻撃から打ち出されるボールのスピード・威力は抜群。
 前々回大会の準優勝者です。

 結婚を発表した福原選手は出場しませんが、熱い戦いが繰り広げられそうです。

 この予言テストは、カカキッシさんのアイデアを基に出題しました。
 皆さんも予言テストを考えてみませんか?
 ツイッターで「#予言テスト考えてみた」をつけて、つぶやいてみてください。

 さて、私から伝えられる情報は以上です。
 君の瞳には、いったいどんな未来が見えていますか?