さあ、楽しい予知の時間です。

 湖にはった氷に穴をあけ、その穴から糸を垂らすワカサギ釣り。
 この冬の風物詩で、優勝賞金10万円と名誉を巡って、今年も熱い戦いが始まります。

 さて今日は、1/14(土)~15(日)に北海道で開催予定の「第7回日本一網走湖 ワカサギ釣り選手権大会」で、優勝するチームの釣果の総重量について、皆さんで予知しましょう。

 大会は3人1組のチーム制で、競技中に釣ったワカサギの2日間の総重量を競います。
 また、仕掛けや釣り穴などは大会実行委員会が用意し、毎日、釣り穴の抽選を行って場所を決めるため、腕と運が試されます。

 最近の優勝記録はこちら。

第5回 2.10kg(1日目 2.04kg/2日目 0.06kg)
第6回 0.34kg(1日目 0.28kg/2日目 0.06kg)

 ワカサギ1匹が約5グラムとすると、優勝チームの釣果は一昨年が400匹以上、昨年は約70匹となります。
 年によって、釣れ具合に大きな差があるようですね。

 網走湖では、1/5(木)に今シーズンのワカサギ釣りが解禁されました。
 それからどれくらいワカサギが釣れているのか、情報収集が予知のポイントになりそうです。

 さて、私から伝えられる情報は以上です。
 君の瞳には、いったいどんな未来が見えていますか?