【追記修正:3/17(金)】
 選手名の間違いがありましたので修正します。
<修正前>藤波晋太郎選手
<修正後>藤浪晋太郎選手


 さあ、楽しい予知の時間です。

 春の訪れとともに、球児たちの青春が聖地・甲子園でほとばしります。

 さて今日は、3/19(日)開会予定の春のセンバツ「第89回選抜高等学校野球大会」優勝校について、皆さんで予知しましょう。

 センバツに選ばれた学校は、21世紀枠を含めて、以下の32校です。

北海道・札幌第一(北海道)
東北・盛岡大付(岩手)、⑤仙台育英(宮城)
関東・①作新学院(栃木)、前橋育英(群馬)、健大高崎(群馬)、東海大市原望洋(千葉)
東京・日大三(東京)、④早稲田実(東京)
東海・静岡(静岡)、至学館(愛知)
北信越・高岡商(富山)、⑦福井工大福井(福井)
近畿・滋賀学園(滋賀)、③大阪桐蔭(大阪)②履正社(大阪)、報徳学園(兵庫)、神戸国際大付(兵庫)、智弁学園(奈良)、高田商(奈良)
中国・創志学園(岡山)、呉(広島)、宇部鴻城(山口)
四国・帝京第五(愛媛)、明徳義塾(高知)
九州・東海大福岡(福岡)、⑥福岡大大濠(福岡)、熊本工(熊本)、秀岳館(熊本)
21世紀枠・不来方(岩手)、多治見(岐阜)、中村(高知)

①作新学院(栃木)
 昨年の夏の甲子園を制覇した名門で、先輩が卒業してガラリとメンバーが入れ替わりましたが、夏春連覇を目指しています。

②履正社(大阪)
 安田尚憲選手、若林将平選手を中心とした破壊力抜群の攻撃で、昨秋の明治神宮大会を制し、優勝候補に躍り出ました。

③大阪桐蔭(大阪)
 2012年に阪神の藤浪晋太郎選手を擁して春夏連覇を果たした大阪の名門で、エース徳山壮磨選手に注目。

④早稲田実(東京)
 将来の日本野球界を担う存在になるであろう清宮幸太郎選手は、高校通算78本塁打を放つ怪物。

⑤仙台育英(宮城)
 プロ注目の左のエース・長谷川拓帆選手を中心に、東北勢初の優勝に大きな期待がかかります。

⑥福岡大大濠(福岡)
 九州大会優勝、神宮大会ベスト4の実績があり、エース三浦銀二選手と古賀悠斗捕手のバッテリーがカギを握ります。

⑦福井工大福井(福井)
 神宮大会の初戦では優勝した履正社相手に3-4で惜敗するなど、実力はトップレベルです。

 さて、私から伝えられる情報は以上です。
 君の瞳には、いったいどんな未来が見えていますか?