さあ、楽しい予知の時間です。

 高速道路を利用する際に、サービスエリアやパーキングエリアで食べる地元のメニューは、ドライブの楽しみのひとつです。
 このたび、NEXCO東日本がSA・PAで食べられるどんぶりメニューのナンバーワンを決めるイベントを開催します。

 さて今日は、3/23(木)に開催される「第3回NEXCO東日本どんぶり王座決定戦!」でグランプリに輝くどんぶりについて、皆さんで予知しましょう。

「第3回NEXCO東日本どんぶり王座決定戦!」はNEXCO東日本のSA・PAのフードコート149店舗がオリジナルのどんぶりで頂点を競うコンテストです。

 予選はすでに終了しており、勝ち上がった12店舗のどんぶりの中から陳建一さんを審査委員長とする6名の審査委員による審査が行われ、グランプリが決まります。

 それでは、選択肢に挙げたどんぶりを見てみましょう。

①黄金豚丼(有珠山SA)
 地元のブランド豚「黄金豚(こがねとん)」は肉質はきめ細やかで、脂身も甘いのが特徴です。

②焼走り熔岩流 黒かつ丼(岩手山SA)
 岩手県八幡平市の「杜仲茶ポーク」は杜仲茶を微粉末にし飼料に添加することで、豚独特の臭みがなく、やわらかい肉質が魅力です。

③ローストビーフの提灯祭り丼(安達太良SA)
「福島牛」のもも肉を使用したジューシーな逸品で、たれは地元二本松の提灯祭りの際に食べられる家庭料理風に仕上げたオニオンソースです。

④上州牛 三度の肉めし(横川SA)
 脂質の風味と赤身の味の調和が楽しめる群馬県産「上州牛」と、粘りと香りの強い群馬特産「大和芋」との絶品コラボメニューです。

⑤よりいポークのとろける角煮丼(高坂SA)
 埼玉県寄居(よりい)町の三元豚「よりいポーク」をとろけるほど煮込み、国内収穫量ナンバーワンの埼玉県産小松菜と合わせました。

⑥マーガレットポークの豚トロロ丼(湾岸幕張PA)
 乳酸菌入りの飼料で育てられた千葉県産の「マーガレットポーク」は、柔らかい肉質が特徴で、味噌風味のお肉ととろろが相性抜群の一杯です。

⑦越後長岡ポーク丼(越後川口SA)
「長岡ポーク」は自然豊かな長岡の鉱泉の湧く地で、美味しいお米で育った柔らかくて脂身に甘みのある豚肉です。

 さて、私から伝えられる情報は以上です。
 君の瞳には、いったいどんな未来が見えていますか?