さあ、楽しい予知の時間です。

 まもなく開催されるフランス大統領選挙では、イギリスのEU離脱、アメリカのトランプ大統領就任に続くサプライズは起きるか、世界が注目しています。

 さて今日は、4/23(日)に行われるフランス大統領選挙、第1回投票で最多得票を獲得する候補者について、皆さんで予知しましょう。

 今回は、11人が候補者としてフランス大統領選挙に出馬します。
 その中でも、以下の5人が有力候補として名前が挙げられています。

①マリーヌ・ル・ペン
 48歳の女性候補で、2012年のフランス大統領選挙に立候補したときには、第1回投票で3位でした。
 国民戦線党首で、当選した場合には、EU離脱の国民投票をすると公約しています。
 また、移民・難民を制限することを明言し、アメリカのトランプ大統領と目指す政策が似ていると言われています。

②エマニュエル・マクロン
 39歳の無所属、元経済・産業・デジタル大臣。
 当選すると、歴代最年少のフランス大統領になります。
 EU離脱派のル・ペン候補者に危機感を持つEU残留派からの支持を集めています。

③フランソワ・フィヨン
 62歳の最大野党・共和党の元フランス首相。
 フランスには大統領と首相がいて、外交は大統領、内政は首相が担当しています。
 政治経験が豊富で大統領候補筆頭と言われていましたが、金銭スキャンダルが発覚して人気が落ちています。

④ブノワ・アモン
 49歳の前国民教育相。
 2大政党の現与党の社会党に所属しています。
 現職のオランド大統領が支持率を大きく下げているため、同じ社会党として苦戦は必至です。

⑤ジャン=リュック・メランション
 65歳の欧州議会議員、元職業教育大臣、元共同党首。
 2012年のフランス大統領選挙に立候補したときには、第1回投票で4位でした。
 ブノワ・アモン氏との共闘の話もありましたが、実現には至りませんでした。

 フランス大統領選挙は、4/23(日)に第1回投票、5/7(日)に決戦投票が行われます。
 今回の予知の対象は、4/23(日)の第1回投票のみとなります。

 この予言テストは、カカキッシさんのアイデアをもとに出題しました。
 皆さんも予言テストを考えてみませんか?
 ツイッターで「#予言テスト考えてみた」をつけて、つぶやいてみてください。

 なお、今回の予言テストの予知上限は3点とします。

 さて、私から伝えられる情報は以上です。
 君の瞳には、いったいどんな未来が見えていますか?