さあ、楽しい予知の時間です。

 芥川賞は、純文学の新進作家に贈られる小説賞です。
 これまでに、村上龍さん・宮本輝さんなど、多くの有名作家を育ててきました。

 さて今日は、7/19(水)に結果発表予定の第157回芥川賞を受賞する作品について、皆さんで予知しましょう。

 今回ノミネートされているのは、選択肢の4作品です。

 では、候補作を見てみましょう。

「星の子」(今村夏子)は、中学3年生の女の子が主人公。
 病弱な彼女を救うため、両親が宗教にのめり込んでいきます。

「真ん中の子どもたち」(温又柔)の主人公は、父親が日本出身、母親が台湾出身。
 日本・台湾・中国という3つの地域のはざまで生きる人々の姿を描きます。

「影裏」(沼田真佑)は、沼田さんのデビュー作です。
 新人ながら読ませる文章と、魅力的な描写が絶賛されています。

「四時過ぎの船」(古川真人)の作者・古川さんは、2回連続のノミネート。
 認知症を患いながら亡くなった祖母と、未来に不安を持つ孫の時間が交錯します。

 なお、今回の予言テストの予知上限数は2点とします。

 さて、私から伝えられる情報は以上です。
 この予言テストは、予言規則に則って行われます。

 君の瞳には、いったいどんな未来が見えていますか?