さあ、楽しい予知の時間です。

 まだまだ知られていない水産物にスポットを当てる魚コンテスト「Fish-1グランプリ」

 さて今日は、11/19(日)に東京で開催される「第5回 Fish-1グランプリ」で行われる、プライドフィッシュ料理コンテストにて優勝する料理について、皆さんで予知しましょう。

 今回対象となるのは「Fish-1グランプリ」の中の、「漁師自慢の魚 プライドフィッシュ料理コンテスト」です。
 全国の地元漁師がオススメの魚として選定した「プライドフィッシュ」を素材にした料理のコンテストです。

 選択肢に挙げたのは、コンテスト出場を果たした7つのメニューです。
 料理の写真については、こちらの公式サイトを参照ください。

①丸ごとほたてのかんたんアヒージョ(JF北海道ぎょれん)
 水揚げ量日本一、北海道のほたてのプリッとした食感と、旨みの染み出たオイルが魅力のアヒージョです。

②庄内おばこサワラ炙り丼(JFやまがた)
 山形県漁業の希望の星と言われるサワラを独自の方法で熟成させた、絶品の刺身を炙った海鮮丼です。

③ゲンゲの唐揚げ(JF富山漁連)
 水深200m以深にすむ深海魚「幻魚」(と書いてゲンゲと読む)の唐揚げで、外はカリカリ、中はふんわりとした食感です。

④いか様丼(JF静岡漁連 JF伊豆 仁科支所)
 駿河湾で獲れた甘みと弾力が特長の真イカを、刺身と秘伝タレの漬けの2種類で味わえます。

⑤ほたるいか炊き込みおこわ(JF兵庫漁連)
 船上で獲れたてのほたるいかをパッキングして旨みを閉じ込めた、鮮度抜群の炊き込みおこわです。

⑥晴れの国から 岡山の海カレー ~食べた瞬間口に広がるは海苔の風味、味の深みは牡蠣からの恵み~(JF岡山漁連)
 栄養満点の海で豊かに育った岡山の海苔と、岡山牡蠣を使った絶品カレー。

⑦きらすまめし(JFおおいた)
 カボスをエサに使ったブリに、きらす(おから)をまめした(まぶした)大分地元漁師のソウルフードです。

 さて、私から伝えられる情報は以上です。
 この予言テストは、予言規則に則って行われます。

 君の瞳には、いったいどんな未来が見えていますか?