さあ、楽しい予知の時間です。

 日本の“元気”と“うまい”が集う「ふるさと祭り東京」
 今年は1/12(金)~1/21(日)に東京ドームシティで開催されます。

 さて今日は、「ふるさと祭り東京」で行われる「第9回 全国ご当地どんぶり選手権」でNo.1ご当地どんぶりに輝くものについて、皆さんで予知しましょう。

 エントリーされたのは、選択肢に挙げた14のどんぶり。
 そのうち選択肢①~②は昨年上位に輝き、シード権を獲得したどんぶりです。

①志布志発 かごしま黒豚三昧
 トロトロの角煮、炙り角煮、角煮を包んだ出汁巻き玉子、煮玉子をトッピングしたどんぶりです。

②十勝牛とろ丼
 十勝帯広の広大な大地で育った十勝牛は、口の中でとろけるような極上の旨味です。

②名古屋コーチン親子丼
 お肉と卵が絶妙で、名古屋コーチンの旨みを存分に味わうことの出来るどんぶりです。

③山形牛大好き丼
 黒毛和牛を余すところなく使用した、山形県最上地区で食されている牛すじがメインです。

③元祖!金獅子ローストビーフ丼
 希少部位を使用したローストビーフに、自家製ラー油と秘伝の焼肉のタレが決め手です。

④秩父わらじ豚味噌丼
 わらじと思うような大きいとんかつと、豚肉の味噌漬けに温泉卵を入れて仕上げました。

④千葉らぁ麺ごはん
 ジューシーでヘルシーなノンメタポークを使用した千葉県のご当地ラーメンをどんぶりに。

⑤富山白えびますとろ丼
 ますとろと白えびを天ぷらにして、卵黄の天ぷらをトッピングしました。

⑤越前!蟹飯かに丼ぶり
 カニの旨みが凝縮された炊き込みご飯に、もみ海苔・カニのほぐし身・カニ味噌・いくらを乗せました。

⑥信州高森 PORKひつまぶし丼
 信州の美味しい水で育った豚を乗せた丼で、最後は出汁を入れて楽しめます。

⑥三河一色産 鰻まぶし丼
 三河一色のブランドウナギ“うな姫”を使用し、こだわりのタレをからめました。

⑦出雲炙りのどぐろ丼
 日本海で獲れたのどぐろと、島根県産仁多米コシヒカリの相性はバツグンです。

⑦豊後水道 寒ブリ漬け丼(熱めし丼)
 お茶漬けにも出来る、醤油ダレに漬け込んだ寒ブリのどんぶりです。

⑧中津からあげ丼
 甘い醤油風味の鶏めしに、オリジナルのタレで味付けしたからあげを盛り付けました。

 さて、私から伝えられる情報は以上です。
 この予言テストは、予言規則に則って行われます。

 君の瞳には、いったいどんな未来が見えていますか?