さあ、楽しい予知の時間です。

「1/17」は、日本の方々が忘れてはならない日付の1つでしょう。
 1995年のこの日未明、阪神・淡路地方が大地震に見舞われ、様々な大切なものが失われました。
 兵庫県神戸市ではその経験や教訓を受け継ぐため、「1.17のつどい」という追悼行事を行っています。

 さて今日は、1/17(水)に兵庫・中央区東遊園地で開催される「阪神淡路大震災1.17のつどい」で、公募によって決まる竹灯篭を並べて描く文字について、皆さんで予知しましょう。
 東遊園地でのつどいは1999年から行われており、竹灯籠に浮かべたろうそくの火で「1.17」の文字を描いて黙とうします。
 夜明け前の神戸に浮かび上がる「1.17」の光景を、ニュースなどで見たことがある人も多いのではないでしょうか。

 また、当初は地震が発生した日付だけでしたが、追悼という行事の意義を継承していくため、2016年から「1.17」に添える文字が公募されるようになりました。
 過去に公募で決まった文字は、以下のとおりです。

2016年
「未来」

2017年
「光」「1995」

 今年は「1~4文字」という条件で1/9(火)まで受け付け、1/15(月)に文字を発表予定です。

 なお、④前進⑦未来以外の選択肢の漢字は、送り仮名がついているケース(誓い、歩みなど)は正しい未来としますが、熟語の一部として使われているケース(一歩、友情など)は正しい未来としませんのでご注意ください。
 また、昨年のように複数の言葉が選ばれた際は、いずれも予知の対象とします。

 この予言テストは、カカキッシさんのアイデアをもとに出題しました。
 皆さんも予言テストを考えてみませんか?
 ツイッターで「#予言テスト考えてみた」をつけて、つぶやいてみてください。

 さて、私から伝えられる情報は以上です。
 この予言テストは、予言規則に則って行われます。

 君の瞳には、いったいどんな未来が見えていますか?