さあ、楽しい予知の時間です。

 東京五輪を控えて、タレントがそろう日本陸上界の男子短距離に注目が集まっています。

 さて今日は、4/28(土)29(日)に開催される、陸上「第52回 織田幹雄記念国際陸上競技大会」グランプリ種目の男子100mで1位になる選手について、皆さんで予知しましょう。

 選択肢には100mに招待選手として登録されている7選手を選びました。

 最近の主なレースの結果は、以下のとおりです。

2017年4月 第51回 織田幹雄記念国際陸上競技大会
1位 ①桐生祥秀 10秒04
2位 ④多田修平 10秒24

2017年6月 日本陸上競技選手権大会
1位 ③サニブラウン・アブデルハキーム 10秒05
2位 ④多田修平 10秒16
3位 ②ケンブリッジ飛鳥 10秒18
4位 ①桐生祥秀 10秒26
5位 川上拓也 10秒38
6位 ⑤山縣亮太 10秒39

2017年9月 日本学生対校選手権決勝
1位 ①桐生祥秀 9秒98
2位 ④多田修平 10秒07

 日本人初となる9秒台を記録した①桐生選手に注目が集まる中、どんなレースになるのか楽しみですね。

 さて、私から伝えられる情報は以上です。
 この予言テストは、予言規則に則って行われます。

 君の瞳には、いったいどんな未来が見えていますか?