さあ、楽しい予知の時間です。

 子どものころに読んだ思い出深い本たち。
 大人になっても時折なつかしくなることがあります。

 さて今日は、5/5(土)に発表予定の「小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」で1位に選ばれる作品について、皆さんで予知しましょう。

 今回投票に参加できたのは小学生のみです。
 名作から最新作まで、どのような本に票が集まったのでしょうか。

 なお、この予言テストでは、あるシリーズの本が1位になった場合、シリーズ名での受賞であってもシリーズ内の特定の1作品の受賞であっても、正しい未来とみなします。
 たとえば、「ズッコケ三人組シリーズ」「あやうしズッコケ探険隊」は、どちらも①の「ズッコケ三人組シリーズ」の範囲内です。

 では、選択肢を見てみましょう。

①ズッコケ三人組シリーズ
 今年はちょうど、シリーズ40周年にあたります。
 ハチベエ・ハカセ・モーちゃんの大活躍に心を躍らせた方も多いでしょう。

②がまくんとかえるくんシリーズ
 がまくんとかえるくんの友情物語。
 小学校の教科書に採用されたこともあります。

③かいけつゾロリシリーズ
 繰り広げられるいたずらの数々に、子どもたちも大満足。
 リズムのよい文章も特徴のひとつです。

④発想絵本シリーズ
「りんごかもしれない」「このあとどうしちゃおう」など、楽しく深い内容が人気を集めています。

⑤エルマーのぼうけんシリーズ
 心優しく勇敢な男の子・エルマーが、その機転で数々の危険を乗り越えていきます。

⑥わかったさんのおかしシリーズ
 楽しいお話と一緒にお菓子作りのコツが学べます。
 この選択肢には、近年刊行された「わかったさんと おかしをつくろう!」(1)~(3)も含めます。

⑦ハリー・ポッターシリーズ
 ときには難しい言葉も出てきますが、大人から子どもまで多くに人に親しまれているシリーズです。 

 この予言テストは、ノリノリさん、フィオニア/くららさんのアイデアをもとに出題しました。
 皆さんも予言テストを考えてみませんか?
 ツイッターで「#予言テスト考えてみた」をつけて、つぶやいてみてください。

 さて、私から伝えられる情報は以上です。
 この予言テストは、予言規則に則って行われます。

 君の瞳には、いったいどんな未来が見えていますか?