さあ、楽しい予知の時間です。

 愛知・名古屋の名物料理として、すっかりおなじみとなった鳥の手羽先。
 その頂上決戦ともいえるのが「手羽先サミット(R)」です。

 さて今日は、6/8(金)~10(日)に愛知・久屋大通公園で開催される「第5回手羽先サミット(R)2018」でグランプリを獲得する店について、皆さんで予知しましょう。

 本大会は過去2年、予言者育成学園で“トリ揚げ”ました。
 毎年大いに盛り上がり、会場を移した昨年は来場者数12万人以上を数えたそうです。

 まずは、過去のグランプリを振り返りましょう。

第1回 手羽先番長
第2回 手羽先番長
第3回 世界の山ちゃん
第4回 サガミチェーン

 今回も世界の山ちゃん、サガミチェーンは出店予定ですが、「殿堂入り出店」として投票の対象外となります。
 投票対象は28店舗で、一覧は公式サイトのチラシで確認できます。
 そのうち7店を選択肢に挙げました。

①西宮・甲子園ヒーロー揚げ推進委員会
 高校野球の聖地である、兵庫県の「甲子園」ご当地手羽唐です。

②伝説の手羽先 あうん屋
 タレには知多武豊町の醤油を使用。
 第3回大会で金賞を受賞しています。

③元祖手羽先唐揚 風来坊
 愛知を中心に展開する有名店。
 秘伝のタレとスパイスが味の決め手です。

④勝文商店
 手羽先といえば愛知ですが、こちらはお隣岐阜県から参戦。
 昨年大会で第3位に輝いています。

⑤ジョニーのからあげ
 関西で展開中の、大分からあげの店。
 特製の甘酢あんで仕上げています。

⑥とり日和
 昨年大会第4位。
 シンプルな名古屋らしい手羽先を追求しています。

⑦大分中津からあげ 大吉
 日本唐揚協会「からあげグランプリ」で2年連続金賞を受賞した、秘伝ダレに漬け込んだ唐揚げです。

 美味しい料理とイベント盛りだくさんの3日間。
 足を運んでみたいですね。

 さて、私から伝えられる情報は以上です。
 この予言テストは、予言規則に則って行われます。

 君の瞳には、いったいどんな未来が見えていますか?